ネットで稼ぐ

ブログ・サイト立ち上げ3ヶ月のモチベーションは維持しないに限る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressなどでブログやサイトを作って、コンテンツマーケティングやアフィリエイトを行う場合、モチベーションの維持はとても難しいものです。

すぐに成果が出れば、モチベーションの維持などは必要ないですし、モチベーションはある程度までは上がり続けるはずです。

なぜなら、「1万円」が100メートル歩くだけで確実に貰えるのであれば、ほとんどの一般市民なら歩いて貰うはずです。「別にいらないや」というお金持ちの人以外はですが(笑)

成果が出ている状態というのは、正しくそのような状況であって、作業すれば確実に稼げることが実感できている状態なのです。

しかし、サイトやブログを作って数か月は、成果が出ない場合が多いです。

今回は、それでも作業を続けることの重要性と、モチベーションをテーマに解説していきます。

稼ぐのはバカか天才だけ

少々、強い言葉を使用しましたが、あえて言うなら、実際にネットを使って稼げるのはバカか天才かだけです。

バカという言葉は少々汚い言葉ではありますが、ブログやサイトで稼ぐ場合、「リスクを考えず作業ができる」ことを指しています。

少しでも論理的に物事を考える人は、「こうしたほうが効率的なのでは?」「他にもっと良い方法があるのでは?」と右往左往する傾向がありますし、私の知ってる限りでも、多くの人がそうやって自ら迷路にハマってしまっていくのを見てきました。

 

確かに、今よりもっと効率的な方法はあるかも知れません。

確かに、今よりもっと良い方法があるかも知れません。

 

もちろん、最新の情報を集め、インプットを続けることは大切なことではあります。しかし、アフィリエイトやコンテンツマーケティングにおいて、一番重要なのは、「記事を書くこと」=「作業量」です。

もちろん、コンテンツ内容の充実に時間を掛けることは必要な作業でもあります。けれども、肝心の記事(コンテンツ)を公開していなければ、誰の目にも留まることはありません。

普通の人は、できるだけ効率的に時間を有効に使おうとします。いろいろな情報を集めては、頭を使って消耗してしまいます。その間にバカは何も考えずキーボードを叩きます。

多少やり方が悪かったとしても、記事を書いているうちに、文章力も身についていきます。数か月経てばアクセスも少しずつ集まるようになってくるので、その頃にはモチベーションも上げやすくなります。

反面、どんなに良い方法を考えても、ブログやサイトのアクセスは、立ち上げ3か月間はアップしていかないのが普通ですから、「あれもダメ」「これもダメ」と手法を試しては成果が得られないことがほとんどでしょう。

そんな状態で、モチベーションを維持するなんてできる訳がありませんね。

元から何も考えず、「良い記事を書き続ける」とだけ思える人は、ある意味で「天才」でしょう。また、ある意味では「バカ」とも言えるわけです。

だったらバカになればよい

どうせ、開始数か月は成果ががりづらいわけですから、何も考えず、ただただ「良いコンテンツを作成する」という1点にのみ労力を使うべきなのです。

それには、あれやこれやと考える中途半端な頭は逆にマイナスにしかならないと断言できます。実際に、私もふつうの人間なので、あらやこれやと考えますし、器用貧乏的な要素があります。

しかし、あれやこれややってきて、一番効率的なのは、「とにかく作業すること」だという結論に達しています。

特に、ブログやサイトの立ち上げ、3ヶ月~半年は、アクセスや成果のことは、深く考えずに作業することが一番です。良質な記事を書き続けていれば、アクセスはアップしていきます。また、アクセスが増えれば、成果はいつでも出せるんです。

「今日も10人しか来なかった・・・」「今日はさらに少なかった・・・」などとため息をついている時間が勿体ないので、極力気にせずに、「一年後には、入ってくるお金で何を買おうかな」くらいの傍から見たら「バカじゃないの?」と思うような事を考えつつ作業をしていきましょう。

アクセス数は努力に比例しない

努力は報われますが、努力したからといって、努力に比例してアクセス数が伸びるわけではありません。特に開始直後は、その考え方だとやっていけません。

種を植えれば、やがて根付き、果実の収穫の時が来る

本当の果実であれば、やることさえやれば、春に植えた種が秋には果実として収穫できるかも知れません。また、桃栗3年柿8年といわれるように、一定の期間育てれば、収穫できる可能性が高いことが実証されていれば、安心して取り組めるかもしれませんね。

ブログやサイトの場合、「選んだジャンル」や「記事の内容と質」「キーワード」「ライバルサイトの質」など、様々な要素がある為、果物のように、ある程度は果実がなって収穫できるという確証があるものではありません。

そういった意味では、努力とアクセス数は比例しない関係性です。しかし、作業をすればするほど、果実の収穫に近づくことだけは間違いありません。

いくら欲しいかによっても違いはありますが、1年もサイトを継続していて、月に数万円が稼げないということは、大失敗しても考えにくいですし、一方で100万円稼ぐ可能性も、ジャンルやキーワードなどの選定次第では秘めているのです。

かといって、宝くじ的なギャンブル要素より、地道な作業によって得られる報酬ですので、一般的に考えられているより価値の高いものだと思いますし、チャレンジして損のないものだと思います。

まとめ:モチベーションは維持しない

結局、サイト立ち上げ後は、モチベーションの維持はとても難しいです。何も考えるなと言われてもいろいろ考えてしまうのは、仕方のない話です。

もう、それこそモチベーションは維持しないで良いと思ってしまえば気が楽です。気分転換しながら、だましだまし頑張っていくしかないとも言えます。

しかし、それもブログやサイト立ち上げ後、数か月の話です。少しずつアクセスはアップし、成果も発生するようになりますから、その後は、初経験の方は特にモチベーションが上がりやすいと思います。

必要な分だけ稼ぐと、お金に執着のない人は、「このくらいでいいや・・・」となりがちですが、お金に執着がある人はいくらでもモチベーションが上がり続けるのではないかと思います。

私は、前者のタイプですが、その場合のモチベーションの上げ方は、またの機会で話したいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

コメントを残す

*